Sweet Memories for the First Time

「思い出というものは自分で作る部分も多かろうが、人に作ってもらう思い出も多いと思う」というのは僕が一番尊敬する人の言葉だが、振り返ってみると確かに、心に残る思い出というのは自分ひとりではつくれなかった気がする。また、人との出会いがなければ見つからなかった自分というのも、少なからずあろうと思う。 というわけで、昔のこと、最近のこと、いろいろと思い出しながら筆を進めて行こうと思う。

(平成9年10月)

第1話
ありがとう
Highschool days
第2話
さよなら
ポニーテール
第3話
そして今でも
第4話
思い出は
ダンボールにつめて
第5話
女は女である
第6話
耳をすませば
第7話
うしろ指さされて
第8話
好きになって、
よかった
第9話
その彼の名は?
第10話
あなたが
教えてくれたもの